ヒアルロン酸の副作用と効果・効能

ヒアルロン酸の副作用と効果・効能

ヒアルロン酸の副作用と効果・効能

 

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種で、
1gのヒアルロン酸で約2〜6リットルもの水分を保持できる成分です。

 

 

ヒアルロン酸は、元々体内に多く存在している成分で、
特に皮膚や軟骨、眼球などに多く含まれています。

 

 

ヒアルロン酸は、1934年にマイヤー教授らによって
牛の眼球の硝子体という部分から発見されました。

 

 

それが、ヒアルロン酸という名前の由来にもなっています。

 

 

その後の研究により、眼球だけでなく、皮膚や関節、脳、心臓など
体のいたる所にヒアルロン酸が存在していることがわかりました。

 

 

その後、日本では医薬品としての使用が認められ、
眼病治療薬、関節炎治療のための注射として利用されています。

 

 

また、最近ではサプリメントや化粧品としても人気です。

 

詳しくは「ヒアルロン酸とは」へ

 

 

ヒアルロン酸の副作用

ヒアルロン酸に副作用はあるのでしょうか?

 

 

ヒアルロン酸は元々体内に存在している成分なので
アレルギー反応等の副作用などのリスクもほとんどなく、
比較的、安全性が高い成分です。

 

 

そのため、ヒアルロン酸を過剰摂取しても、基本的に副作用はありません。

 

 

ただし、ごくまれに便秘や軟便の状態になる人がいますが、
水分の摂取量の問題なので副作用ではないとされています。

 

詳しくは「ヒアルロン酸の副作用」へ

 

 

 

ヒアルロン酸の効果・効能

ヒアルロン酸には、美容から健康まで様々な効果効能があります。

 

(ヒアルロン酸の効果・効能)
・皮膚の保湿や弾力性の維持
・シワやたるみの予防や改善
・血圧の安定
・眼球の萎縮の予防
・白内障の予防
・関節痛の改善
・アンチエイジング

 

詳しくは「ヒアルロン酸の効果・効能」へ