ヒアルロン酸ってなに

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種で、1gのヒアルロン酸で約2〜6リットルもの水分を保持できます。

 

 

ヒアルロン酸は、元々、体内に多く存在している成分で、
特に皮膚や軟骨、眼球などに多く含まれています。

 

 

ヒアルロン酸は、1934年にマイヤー教授らによって
牛の眼球の硝子体という部分から発見されました。

 

 

それが、ヒアルロン酸という名前の由来になっています。

 

 

その後の研究により、眼球だけでなく、
皮膚や関節、脳、心臓など体のいたる所に存在していることがわかりました。

 

 

その後、日本では医薬品としての使用が認められ、
眼病治療薬、関節炎治療のための注射として利用されています。

 

 

また、サプリメントや化粧品としても人気です。

 

 

ヒアルロン酸は人間の体のいたる所に存在している成分ですが、
残念ながら年齢とともに減少していきます。

 

 

体内のヒアルロン酸量は、
20〜25歳をピークにどんどんと減少し続けます。

 

 

さらに、40歳代からは、ヒアルロン酸量の減少スピードが急激に早まり、
60歳代になると体内のヒアルロン酸の量は、20歳代の半分以下にまでなってしまいます。

 

 

ちなみに、赤ちゃんの皮膚は
ヒアルロン酸が豊富に含まれており、大人の約20倍もあります。

 

 

若いうちは健康的な肌や軟骨の健康を保つことができるのですが、
加齢とともにヒアルロン酸が減少し、肌の老化や関節痛などの原因となります。

 

 

加齢とともに減少するヒアルロン酸を補うには、
栄養として、摂取する必要があります。

 

 

しかしヒアルロン酸が含まれている食品は、
ニワトリのとさか、魚の目玉、豚足など、
毎日食べるには厳しい食品が多いのです。

 

 

また、ヒアルロン酸は熱に弱い成分であり、
40℃以上の加工調理では成分が壊れてしまいます。

 

さらに、食品から摂取できるヒアルロン酸は
分子が大きいため、体に吸収されにくいという特徴も持っています。

 

 

そのため、十分なヒアルロン酸を摂取するためには
サプリメントなどの安定した形で摂取することがオススメです。

 

 

サプリメントで使用されているヒアルロン酸は
吸収されやすいように低分子のヒアルロン酸が配合されていますので、
きちんとした製品を選ぶようにしましょう。