ヒアルロン酸と関節痛を改善

ヒアルロン酸と関節痛

ヒアルロン酸は、関節痛の改善にも効果的です。

 

 

関節痛は、軟骨の減少によって、
骨の間のクッション(軟骨)が無くなることが原因で起こります。

 

 

軟骨がなくなると骨同士がぶつかり合って削れてしまい、
骨自体が尖って変形してしまいます。

 

 

そうすると、尖った骨が神経や
まわりの筋肉を刺激して、関節痛が起きてしまうのです。

 

 

こうならないために、人の関節には軟骨があります。

 

 

軟骨は、関節保護や衝撃吸収、
関節の潤滑の為に必要不可欠の体組織です。

 

 

この軟骨を構成する成分のひとつがヒアルロン酸なのです。

 

 

ヒアルロン酸は人間の体のいたる所に存在している成分ですが、
残念ながら年齢とともに減少していきます。

 

 

体内のヒアルロン酸量は、20〜25歳をピークにどんどんと減少し続けます。

 

 

さらに、40歳代からは、ヒアルロン酸量の減少スピードが急激に早まり、
60歳代になると体内のヒアルロン酸の量は、20歳代の半分以下にまでなってしまいます。

 

 

このように、体内のヒアルロン酸が減少してしまうために
関節の軟骨の摩耗のによる関節痛になる人が増えています。

 

 

ヒアルロン酸を摂取することで関節痛の痛みを抑えることができますが、
症状が重い方は非常に時間がかかってしまいます。

 

 

そのため、悪化しないうちに予防として摂取するのが
ヒアルロン酸の本当の摂取タイミングなのです。

 

 

また、ヒアルロン酸の注射もありますが、
関節にかかる負担が大きい為、
毎日できず、回数制限もあるため理想的ではありません。

 

 

そして、ヒアルロン注射は、
あくまで対処のための処置なので、完治することができません。

 

 

そのため、関節痛の改善には
病院の治療と合わせて、サプリメントでの摂取が必要になります。

 

 

また、関節痛の改善目的の場合は、ヒアルロン酸だけでなく、
コラーゲン、コンドロイチン、MSMの4種類が含まれたものが必要です。

 

 

この組み合わせでなければ、
関節痛や関節炎の改善に、あまり効果的ではありません。

 

 

関節痛改善のためのサプリメントでの摂取量は、
低分子のヒアルロン酸で、1日あたり150〜300mg程必要です。

 

 

上手にサプリメンを利用して、十分にヒアルロン酸を体に取り入れましょう。