ヒアルロン酸の摂取量はどれくらい

ヒアルロン酸の摂取量

ヒアルロン酸摂取量は1日あたりどれくらい必要なのでしょうか?

 

 

ヒアルロン酸は、元々、体内に多く存在している成分で、
特に皮膚や軟骨、眼球などに多く含まれており、
1gのヒアルロン酸で約2〜6リットルもの水分を保持できます。

 

 

特に、皮膚や関節、脳、心臓、眼球など
体のいたる所に存在しています。

 

 

また、サプリメントとしても人気の成分です。

 

 

ヒアルロン酸は人間の体のいたる所に存在している成分ですが、
残念ながら年齢とともに減少していきます。

 

 

体内のヒアルロン酸量は、20〜25歳をピークにどんどんと減少し続けます。

 

 

さらに、40歳代からは、ヒアルロン酸量の減少スピードが急激に早まり、
60歳代になると体内のヒアルロン酸の量は、20歳代の半分以下にまでなってしまいます。

 

 

若いうちは健康的な肌や軟骨の健康を保つことができるのですが、
加齢とともにヒアルロン酸が減少し、肌の老化や関節痛などの原因となります。

 

 

加齢とともに減少するヒアルロン酸を補うには、
栄養として、摂取する必要があります。

 

 

そのため、十分なヒアルロン酸を摂取するためには
サプリメントなどの安定した形で摂取することがオススメです。

 

 

ヒアルロン酸の1日の摂取量は特に決まっていませんが、
摂取量は、様々で以下のように分かれています。
(ちなみに、ヒアルロン酸サプリメントでの摂取が前提です。)

 

@1日あたり、ヒアルロン酸が60mg〜120mg

 

A1日あたり、20〜40代でヒアルロン酸が250mg〜400mg、
 40代以降でヒアルロン酸が400mgくらい

 

 

どっちが正しいかといえば、どちらとも正しいのです。

 

 

サプリメントのヒアルロン酸は、
吸収されにくい高分子のヒアルロン酸から、
吸収されやすい低分子のヒアルロン酸まであります。

 

 

低品質で吸収の悪いヒアルロン酸ならAの摂取量くらい必要ですが、
高品質で吸収の良いヒアルロン酸であれば@の摂取量でも十分でしょう。

 

 

ただ、摂取量の限度はありませんので、
多めに摂取しても良いと思います。

 

 

ちなみに、私自身、お客さまに使用していただいたケースからすると、
低分子のヒアルロン酸で1日あたり70〜140mgの摂取量で肌ツヤの改善、
1日あたり150〜300mgの摂取量で関節痛の改善や正座ができるようになりました。

 

 

年齢や体重、性別、運動量によって
ヒアルロン酸の1日の摂取量は異なりますが、
最低でも1日あたり70mg以上は必要かと思います。