ヒアルロン酸の副作用ってあるの

ヒアルロン酸の副作用

ヒアルロン酸副作用はあるのでしょうか?

 

 

ヒアルロン酸は元々体内に存在している成分なので
アレルギー反応等の副作用などのリスクもほとんどなく、
比較的、安全性が高い成分です。

 

 

そのため、ヒアルロン酸を過剰摂取しても
体には副作用といわれるものはありません。

 

 

ただし、ごくまれに便秘や軟便の状態になる人がいますが、
水分の摂取量の問題なので副作用ではありません。

 

 

◆ヒアルロン酸のサプリメントの副作用

 

また、サプリメントの場合には、
ヒアルロン酸以外の添加物の成分による
副作用が出る場合があります。

 

ヒアルロン酸サプリには、様々な形態があり、
カプセルタイプ、ソフトカプセルタイプ、錠剤タイプ、液体タイプ、粉末タイプなどです。

 

ヒアルロン酸サプリメントによる副作用は
主にアレルギー反応であり、摂取量には関係なく反応が起きます。

 

特に、カプセルタイプやソフトカプセルタイプ、
錠剤タイプに多くアレルギー反応が発症するようです。

 

そのため、ヒアルロン酸のサプリメントを摂取する場合は、
含まれている添加物を確認するようにしましょう。

 

ヒアルロン酸サプリの添加剤が気になる方は、
液体タイプや粉末タイプを利用するようにしましょう。

 

 

◆ヒアルロン酸注射の副作用

 

ヒアルロン注射は、年々安全性が向上していますが、
未だに副作用やトラブルがあるのが現実です。

 

ヒアルロン酸注入においてのトラブルで多い原因は、
医師の腕による失敗がほとんどだといわれています。

 

また、ヒアルロン酸自体は副作用が無いため、
注入しても問題がなく、直接的な効果を得ることができます。

 

ヒアルロン酸は時間が経てば、
分解・吸収され、元の状態に戻るといわれていますが、

 

しかし、施術する先生の腕によって、
注射した部分のでこぼこしたしこりが消えず、
後遺症が残ってしまう可能性があります。

 

ヒアルロン酸注射による副作用は、
関節症などの治療用の場合と、美容用の場合があります。

 

「治療用のヒアルロン酸注射の副作用」

 

・アレルギー反応
・肝障害
・化膿性関節炎

 

「美容用のヒアルロン酸注射の副作用」

 

・皮膚の壊死
・異物肉芽腫症
・出血斑
・過敏反応
・細菌感染
・アレルギー反応